qualisの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【人を信じる事の難しさ】パッチアダムス続記事

<<   作成日時 : 2004/10/22 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人を心から信じることは非常に難しい。
また、自分よりも他人の為に働くのも難しい。
理由は簡単だ。
人は裏切りを恐れるからだ。
あの人がまさか、というショックを受けるのが怖いのだ。

それだったら、はじめから人を疑ってかかれば、だまされずに
すむし裏切られる事はないと考えてしまう。
世知辛い現代において、上記のような考え方の人は
都会に行けば行くほど顕著になる。
人が多くなると、その分、自分に負け過ぎている人間が多いため
自分を守らないと生きていけないからである。
人の幸福は嫉妬を買い、不幸は蜜の味、嫌な言葉である。

私を信じろという人とおだてる人にはろくな人がいないと
いうが、まんざら嘘でもないであろう。
信じろという人は、人を信じた事がない為、自分の言っていることがいかに
無責任なことなのか気づいていないのかもしれない。
そうでなければ、簡単に言葉に出せるはずがないからだ。
また、おだてる人というのも打算や見返りを求める人が
大半と言いたのではないか??
逆を言えば、打算がなく、見返りを求めずに人のために働く人間は少ない事を
物語っている。寂しい事だが、現実である。

他人にそこまでエネルギーを使う余裕がないという人もいるであろう。
私も余裕がない時はそうであるし、そうでない時は、なるべく
慈愛【他人の為に悲しみ苦しむ事】を大切にしたいと思っている。

パッチ・アダムスを見てから、
人を疑ってかかる傾向にあった自分に
そうではないと言い聞かせるために
この記事を書いた。

以前、負の先払いのことについても記事にしたが
人が苦しんでいるときに手をさしのべれば
自分が苦しんでいるときに誰かが手を差し伸べてくれる。
持ちつ持たれつである。
逆に損得ばかりを気にして、自分のことばかりに一生懸命になっていると
いざ、苦しい時に誰も助けてはくれない。
今の社会は、【誰も助けてはくれない】と言う言葉だけが強調されている気がする。
しかし、人のために心から何かをしてあげると必ず、誰かが助けてくれるのである!!
これは身をもってして感じたことである。
今更言われなくても分かってると、言われそうだが
理解されていない方が増えている気がする。
理想主義者の取り越し苦労であれば良いが・・・
幸運なことに私の友人はみな私より理解している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【人を信じる事の難しさ】パッチアダムス続記事 qualisの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる